明苑中美術部制作「北海道を想う」北海道に寄贈

滝川市美術自然史館の依頼により、滝川市立明苑中学校の美術部が、2016年に制作した「北海道を想う」。

岩橋英遠が描いた絵をモチーフにした水彩画で、約50名の部員が3ヶ月をかけて完成させ、2018年の北海道150年にあわせて同校は道に作品を寄贈した。

2017年12月19日、札幌市内で開かれた「北海道150年事業実行委員会」の総会で披露された。

150年事業見守る武四郎 滝川の中学生が巨大画制作(北海道新聞)