NPO法人岩橋ふるさと北辰振興会とは

NPO法人岩橋ふるさと北辰振興会は、滝川市出身の日本画家・岩橋英遠の画業に関する顕彰・調査研究・普及活動等を行うとともに、滝川市内の緑豊かで美しく潤いのある景観の造成と芸術文化の振興を図るため緑化推進や美術展や普及事業等の事業を行い、心豊かな生活環境と文化の香り高い地域づくりに寄与することを目的とする団体です。

歴史

 日本画家・岩橋英遠はふるさとをこよなく愛し、特に晩年は地元の中学生たちとの文通などの交流を重ね、画家が子供のころに見た美しい桜並木の風景を子ども達のために復活させたいと強く願いました。その思いを受けとめた地元市民が立ち上げたのが「岩橋ふるさと北辰振興会」です。この会は岩橋英遠の芸術の普及等の活動・桜並木の再生の活動を通じて市内に緑豊かな環境を整備し、文化の香り高い地域づくりに寄与することを目的としてこれまで様々な活動を続けてきました。
 岩橋英遠が望んだ桜並木復活のための活動は、まず昭和62(1987)年から江部乙中学校の協力のもと桜並木再生の活動が「江部乙町桜並木保存会」として始まり、地元小中学生が桜を実生から育てる活動につながっていきました。この保存会は平成3(1991)年に桜並木の造成と地域の文化振興を目的とした「岩橋ふるさと北辰振興会」に引き継がれました。振興会の活動は主に「北辰の森」での桜並木の維持・管理、地元中学生達と共に桜を実生から育てる活動、桜並木造成のための学習会の開催、岩橋英遠の芸術を広く普及するための講演会、写真展、コンサート等、年間を通じて事業を行ってきました。さらに滝川市美術自然史館で開催される岩橋英遠作品の特別展では主催の実行委員会に会として参加し、特別展の成功に向けてその主要な一角を担ってきました。そして、その活動をさらに発展させるために平成28(2016)年5月、「特定非営利活動(NPO)法人岩橋ふるさと北辰振興会」を設立、同年10月に北海道より認証を受けました。